スロット

海佃店:設置台数全83台
永康店:設置台数全46台

こちらはスロットの紹介になります。

昨今、日本のスロット業界はまもなく終焉を迎えると人々にささやかにつぶやかれています。一つの原因として、新基準の導入があります。今後3000枚規制がかかり、かつて皆が夢にまで見てきた万枚達成という夢も徐々に潰えようとしています。かつてスロット全盛期ともいわれた時代を今思い返してみましょう。

パチスロがある種の社会現象となっていた2000年前後。「そんなに詳しくはないけれど、友達に誘われて何度か遊んだことがある」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。一方では「毎日の楽しみがスロットだった」「生活がパチスロだった」というディープなファンも相当多かったのではないかと思います。

撤去された台の多くは、パチスロ店では利用できないため、たいていは日の目を見ることなく処分されていきます。しかし、わたしたち星際娯楽城には日本ではすでに撤去された4号機たちが今なお現役で活躍しています。ここは日本の皆さまが立ち入って、「あのころは」と思っていただける場を提供します。

4号機だけでなく、最先端のスロット台を日本の導入日よりも早い導入を目指し、日本でも話題のスロット台を毎月導入しています。「懐かしさ」と「驚き」の2つを同時に味わえる場所がここ星際娯楽城にはあるのです。

PAGE TOP